日象展HP
応募要綱 日象展作品 企画展作品 お知らせ リンク
ごあいさつ 目標 沿革 組織 支部
項目をクリック下さい。
  
広報107号(抜粋) プライバシー ポリシー
(広報バックナンバー ~106号)
写真部門の再興へ
  当会の近い将来を見据え、相対的に出品者の高齢化と共に観客動員数の先細りが心配される。
 色んな案件を理事会で考察・協議した結果、過去24回展から 部門長の死去により休眠状態だった写真部門の再興を図る事に決定し、各支部及び各出品者への協力要請を行う事となった。(別途、各員へ案内予定)
 尚、再興に当たっては次の様な手順で進めてまいります。
【手順】
(1)次回、第45回記念展では記念行事の一環として、トライアルする。
① 休憩室にて40~50点展示。
② 条件
  ・出品作品は一人一点。
  ・サイズ・・・四つ切。
  ・出品料・・・無料(別・送料)
  ・ 額装の事(アクリルの事)
③応募要項
  ・会友以上の方に配布・・・各位に応募への勧誘戴きたい。
  ・応募要項と同時に申込み
   ハガキを添付・・・応募〆切は12/ 25(月)迄 名 先着順。
(2)45回展での結果を見て46回展で 正式に写真部門として発足予定。
   (文化庁・国立新美術館へ届出・承認を得、全国 展開を図る。)  
第45回定期総会のお知らせ

午前中に支部長会議を・・・国立新美術館にて
 この度の第45回定期総会は国立新美術館・講堂にて開催することになった。尚この際、11/8(水)当日午前中には支部長会議を開催する。
 この定期総会に於いては 第44回日象展の総括を含む2017年度の経過報告及び次年度の方針と年間計画を協議、支部及び本部役員の推挙に伴う組織体制を見直し、一部役員の交代を行う。

 本年度の 定期総会は任期途中ながら体調不良と自己都合による退会 及び休会の役員をはじめ、新しく推挙された執行役員の確認・信任が予定されている。
  より実質的で当会に内在する課題と各支部との連携について、午前の支部長会議を含め、真摯に協議する場となるだろう。
  大きな課題の一つに、当会が目指す当面の目標と先を見通し、今やっておかねばならない事は何かということが提案され、協議する事となる。
  午前の支部長会議では、 新しく発足した支部の紹介、新支部長の挨拶。引き続き、支部展を始めとする各支部での課題や夫々の情報交換がされる。
 総会では冒頭の中西会長挨拶にも有る様に、45回記念展は次のステップに向け、高齢化への方策と、国際化への対応にどう取り組むかが課題
 又 お金の負担が掛らない体質強化を引き続き図る事が求められており、重要な課題である。

 
All Rights Reserved. Copyright(C) 2006   日本表象美術協会 プライバシーポリシー